対外交流活動

対外交流活動  

 ◆ 2003年5月21日、国土交通省内で日中高速鉄道の協力促進をめぐる共同会議(馬成三、孟健軍、莫邦富、朱炎他が発表)。

 ◆ 同9月21日、在日の新華僑八団体の一つとして「日本新華僑華人会」の結成に参加。

 ◆ 同10月2日、本教授会議の提案により経団連企業のトップが参加する「日中問題を考える経済人の会」が発足(以来、朱建栄・関志雄・莫邦富・朱炎・金堅敏・杜進・劉傑他がそれぞれ講師を務める)。(関志雄がコメンテーター)を主催。

 ◆ 同10月、要請により経団連の「外国人受け入れ問題に関する中間とりまとめ」へ提言。(凌星光・朱建栄がコメンテーター)。

 ◆ 同11月より、西部大開発に関する研究報告書シリーズを国際協力銀行へ提出(呉智深が担当、王柯・徐開欽他が執筆)。

 ◆ 2004年3月9日、中華総商会と協力関係を結ぶ合意を交わし、「智商碰撞会」を開催。

 ◆ 同10月以降、数回にわたって王毅大使はじめ中国大使館と懇談。

 ◆ 2005年1月31日、日中友好協会幹部(佐藤嘉恭元中国大使他)と日中関係をめぐる懇談を行い、今後の協力について合意。