第10回国際シンポジウム『中国の新シルクロード戦略と国際協力』

日本華人教授会議主催第10回国際シンポジウム『中国の新シルクロード戦略と国際協力』

開催趣旨

中国の対外開放戦略は「請進来」(「門戸開放」)から「走出去」(「打って出る」)へシフトしており、国内の経済開発と同様に、その重心が東部沿海から西部に移行しつつあります。今年度の国際シンポジウムは、これらの観点から中国新指導部が打ち出した「新シルクロード戦略」を国内と国際の両面から分析します。第一セッションは、「河西回廊(甘粛省)」での現地調査の結果を踏まえて西部開発の現状を多面的にアプローチし、第二セッションでは、エネルギーと環境問題を中心に、ユーラシア大陸における国際協力の新しい可能性を探ります。こうした分析を踏まえて今後の日中関係への含意を考えます。

開催日時:2013年11月2日(土曜日)午後 13:00-16:45
開催場所:東京大学本郷キャンパス 山上会館

プログラム

開会式と来賓挨拶                    (13:00-13:30)
司会:王敏(法政大学教授)
開会挨拶:杜進(日本華人教授会議代表・拓殖大学教授)
来賓挨拶:韓志強(中華人民共和国駐日本国公使)

第1セッション:栄光が甦るシルクロード地域-甘粛省現地調査からの報告
(13:30-15:00)
司会:李春利(愛知大学教授)
発表者:杜進:「貧困削減と農村開発」
周建中:「自然・エネルギー環境と沙漠化対策」(東京成徳大学教授)
莫邦富:「観光産業の新展開」(作家)
討論者:熊達雲(山梨学院大学教授)
郝仁平(東洋大学教授)
休憩                          (15:00-15:20)

第2セッション:シルクロード経済帯の構築と国際協力   (15:20-16:30)
司会:李恩民(桜美林大学教授)
背景説明:杜進「中国の新シルクロード戦略:米、露、トルコとの比較」
発表者:周緯生「シルクロード経済ベルトの構築とエネルギー資源環境戦略」
(立命館大学政策科学部教授、立命館孔子学院名誉院長、
一般社団法人国際3E研究院院長)
討論者:西村六善(内閣官房参与)*

閉会式                         (16:30-16:45)
全体総括:凌星光(一般社団法人日中科学技術文化センター理事長)
閉会挨拶:趙軍(日本華人教授会議副代表・千葉商科大学教授)

*西村六善(にしむら・むつよし)氏
【略歴】 1940年北海道生まれ。1962年上智大学外国語学部イスパニア語学科中退。外務省で条約局協定課長、報道課長、官房総務課長を経て、在シカゴ総領事、欧亜局長、経済協力開発機構(OECD)駐在特命全権大使を歴任。2002年に特命全権大使(アフガニスタン支援調整担当、地球環境問題担当兼務)、03年メキシコ駐在特命全権大使、05年地球環境問題担当特命全権大使、06年気候変動担当政府代表兼地球環境問題担当特命全権大使を務めたのち、07年12月より内閣官房参与(地球温暖化問題担当)に任命される。

参加申し込み
日本華人教授会議 水本順子
Email: cjac@bz01.plala.or.jp
TEL/FAX: 03-3545-6272